■DATA
 経路
  前夜:名古屋-品川(新幹線利用) → 品川-新宿 → 新宿-山形(夜行バス利用)

  1日目:山形‐新庄‐横手 → 横手‐秋田 → 秋田‐東能代 → 東能代‐檜山城‐東能代(タクシー利用) → 東能代‐大館‐新青森 →
       新青森‐八戸(新幹線利用)
  18きっぷ利用区間運賃:6960円

  2日目:青森県内周遊(レンタカー利用) → 八戸‐仙台(新幹線利用)

  3日目:仙台‐郡山‐三春 → 三春‐郡山 → 郡山‐那須塩原(新幹線利用) → 那須塩原‐東京 → 東京‐名古屋(新幹線利用)
  18きっぷ利用区間運賃:4960円

 18きっぷで賄えなかった交通費
  前夜 名古屋-新宿:10070円(乗車券:6090円、新幹線特急券等:3980円) 夜行バス乗車券:6300円
  1日目 タクシー:5000円 新青森‐八戸:3950円(乗車券:1450円、新幹線特急券:2500円)
  2日目 レンタカー:6300円(高速代・ガソリン代除く) 八戸‐仙台:9220円(乗車券:4940円、新幹線特急券:4280円)
  3日目 郡山‐那須塩原:2900円(乗車券:1110円、新幹線特急券1790円) 東京‐名古屋:10070円(乗車券:6090円、新幹線特急券等:3980円)


 東北行きのバス

 名古屋は、日本列島のおおむね中央付近に位置している。つまり、西へ行くにも、東へ行くにも、比較的少ない労力を投じるだけで済むのだが、裏を返せば、西へも東へもある程度の隔たりがあるということになる。従って、九州や東北に行こうとなると、一苦労しなければならないというわけだ。いや、正確に言えば、九州への旅は、それでも割と楽である。福岡は言うに及ばず、熊本や大分など、九州各地への名古屋発夜行バスが存在しているからだ。それに比べると、東北行きは骨である。そのため、過去九州には4回出かけているのに対し、東北行きは2回のみに限られる。しかも、そのうちの1回は駆け足で走り抜けただけのような、慌しい旅だった。

 最初の東北旅行は、ずばり直江山城紀行の時である。そして前回の東北行きでは、ムーンライトながらで夜を徹して東京入りし、朝一番から鈍行でひたすら北を目指し、東北本線が途切れて三セク(IGRいわて銀河鉄道及び青い森鉄道)となる岩手県北部から先を新幹線で移動して、初日のうちに弘前まで進むという超強行日程だったはずだ。1日にして青春18きっぷで移動した区間は、豊橋〜盛岡+青森〜弘前ということになるが、これは現在までの最長移動記録だ。が、これは移動だけでも大変な難事業だった。時期的には、けっきょく南国大冒険の直後である。

 今回の目的地は、沖縄と並び未訪の県となっている秋田と、恐山などが宿題として残っている青森。

 この機会に、もっと使い勝手の良い東北行き交通を開拓するため、東京発の東北行きの夜行バスも使ってみることにした。夜行バスの話に戻るが、名古屋発の東北方面行きバスは、仙台行きがあるだけで、これはこれで利用価値があるのかもしれないが、北東北および秋田県方面を目指すときには分が悪い。そういうわけで、今回利用したのが、23時半に新宿駅新南口とやらを発って、山形を目指すドリームさくらんぼ号である。東京までは新幹線を使った。これだと、いつもみたいに本郷亭でラーメンを食ったりしながら、21時ごろまで名古屋でうだうだやっていても、余裕のバス乗車が可能である。

 早朝のうちに山形入りする初日は、18きっぷを使って山形から秋田県内へと旅して回り、そのまま鈍行で新青森駅まで移動した後、新幹線で八戸まで移動する計画だ。八戸への移動に新幹線を使うのは、つまるところこの区間にJR在来線が存在せず、青い森鉄道のきっぷを買いなおさなければならないため、それならばいっそのこと新幹線の乗車券、特急券、指定券を買い直した方がコストパフォーマンスが良いだろうと言う判断による。

 二日目は、車で青森県内観光をし、やはり新幹線で八戸から仙台へと移動する。これまた、八戸から盛岡辺りまでJR在来線が存在しないのと、根本的に八戸から仙台までの距離が長いことによる。

 最終日は、仙台駅から東京駅までを18きっぷを使用して鈍行で移動し、東京から名古屋までを新幹線で移動する計画だ。途中で立ち寄るのは、福島県の三春だけである。大半を移動に費やす移動日となる。

 言うまでもないことだが、東北地方の特に太平洋側は、春先の震災で壊滅的な打撃を受けている。新幹線利用にしてもそうだが、今回は全般に財布の紐を緩めた旅行計画を練って臨んだ。「復興の一助に」などと嘯けるものでもないけれど、そうでもしなければ、この時期の東北へ、なかなか観光になど行けるものではなかった。

 8月5日金曜日。定時間際にトラブルが発生し、帰宅が予定よりも1時間ほど遅れたが、それでも旅行計画そのものには大した影響はなかった。名古屋発の夜行バス旅行をするときと同じように、名古屋駅西の本郷亭でラーメンを食べ、腹ごしらえを済ませた後、21時ちょうど発の、東京行きののぞみに乗り込んだ。車窓から見えるのは、ぬばたまの闇とは言わないが、夜の風景であり、面白くもなんともない。仕方なしに、持参した小説を読みながら時間をつぶしたが、東京までは2時間とかからない電車旅である。体感的には、あっという間というほかなかった。

 事前に入手していたバスのチケットによれば、その出発地は新宿駅云々とプリントされている。東京の地理にはいまだ明るくないので、新宿駅までどう行ったらいいのか自信がなく、当初は東京駅から中央線で移動するものだとばかり思っていたのだが、どうやら品川駅から山手線でというのが、最も効率の良い移動経路らしい。そこで、新幹線を品川駅で降り、そこから山手線に乗り込み、20分ほどをかけて新宿駅まで移動した。しかし、現地に着いてみれば、実際のバス乗車場は、山手線で一つ隣の駅となる、代々木駅の真正面に設置されていたのだった。ついさっき通り過ぎてきた、ひとつ前の駅ではないか。

 しかもこのバス発着場というのが、天下の東京のそれにしてはいやにせまっ苦しい。それでいて、これはいかにも東京らしく、大変多くの人が集まっているものだから、乗車場周辺は一種異様な雰囲気に包まれている。

 紆余曲折はあったものの、23時半、良い声のおじさんのアナウンスに誘われ、ドリームさくらんぼ号に乗り込んだ。ここから先は、首都高、東北自動車道を乗り継ぎながら、6時間弱のバスの旅だ。

 東北道は、自動車の走行も可能な状態にはなっていたが、震災の影響により舗装状態の悪い箇所もしばしばあり、バスが通り抜ける際にはガタンと揺れることもある。眠りが浅いタイミングにこれが起こると目が覚めてしまう。時折は、窓を覆う遮光カーテンの隙間から、外の様子を覗いたりしたのだが、そういう箇所というのは、やはり路面にヒビが走っていたり、路肩に段差が出来ていたりする。思いもしていないところで、震災の爪あとを見せ付けられた気分である。






TOP 邂逅秋田県








100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!